200320Fri 【オンライン英会話比較】いろいろなオンライン英会話試してみた

Hanaso

無料体験に参加するも、今回は見送りとする。

hanaso kidsの感想はこちら↓

クラウティ

学研が運営するオンライン英会話教室です。兄弟でシェアできるオンライン英会話がないかと探していた時に見つけたサービスでした。

ポイント

やはりなんといっても6人まで1つのアカウントで管理できることが一番のメリットかと思います。とはいえ、結局アカウントはひとつですが、ユーザー設定は個別になるので、それぞれのユーザーがログインして使用することになるのですが・・・。でも、家族の誰かができないときに、ほかの家族がレッスンを受けることができるので、これは格安オンライン英会話ではあまりみないサービスかと思います。

また、他のオンライン英会話との違いは、独自のプラットフォームを採用しているので使い慣れてしまえば見やすいものとなっています。テキストと講師が1つの画面になっておりいちいちテキストなどをダウンロードすることなく始めることができるのがメリットです。子どもたちも初めてでもすぐに使いこなしていました。

無料受講した感想

3月30日まで1日1レッスン無料体験できます。しかし、無料だからということで文句は言えないものの予約取りづらいです。有料会員の方は違うのかもしれないけれど、24時間先の分までしか予約できないので予約したい時間になるとその瞬間に予約がなくなってしまいます。そもそも講師の数もあまり多くなさそうだし、受講者も増えているようなので予約が取りづらいのは当然でしょう。

ただ、我が家の子供たちにとってどのレベルのテキストも簡単すぎると言うのが欠点です。最初の頃は一生懸命予約を取っていたのですが、子供たちがどれも簡単すぎると文句を言うので最近は予約が取れたらレッスンを入れるだけになっています。

家族6人までシェアできるというのがポイントになっているため、逆に言うとテキストのバラエティーは富んでいるもののそれぞれのテーマについて深く学べると言う要素がなくなってるように感じます。例えば中学生から大学生のレベルだと、「中学生の英会話」が12レッスン、「英語で自己紹介」10レッスン、「英語で日本紹介」10レッスン、だけです。これが終わったら何が始まるのかなあという疑問が湧いてきます。

結論

申し訳ないですが、内容やテキストを考慮した結果、無料体験の間だけ利用させていただくだけになりそうです。

レアジョブ

「中学・高校生コース」の無料体験レッスンを受講しました。

ポイント

無料体験ではレベルチェックとカウンセリングを受けることができました。

1レッスン25分はほかのオンライン英会話と同じですが、そのあとに日本人カウンセラーによるカウンセリングがあります。レベルチェックから最適なレッスン内容を提案してもらえるので、オンライン英会話が初めての人にとって安心して初められのではないかなと思いました。

そして、「中学・高校生コース」では所定の有料テキストに沿って進められるため、予習や復習がしやすくなっています。このテキストはアマゾンで購入でいるようですし、フィードバックをもとに次の授業に活かすことができるので徐々に英語力をアップさせていくことができそうでした。

教材はこちらを使っているようです↓

 

我が子達はスピーキングやリスニングよりも文法やリーディング、ライティングの強化を中心に考えています。しかし、教材を使った授業ではリーディングが200文字程度、英作文は8センテンス程度を目標としているようで、ちょっと物足りない感じがしました。すでにそれぐらいの英文や英作文はしているので。

値段は「中学・高校生コース」で1レッスン300円ちょっと、カウンセリング付きだと360円ぐらいです。初月は半額ですが、3ヶ月継続した場合のみという条件がついています。これぐらいの受講料だとまあ許容範囲かなと思います。

結論

レベルがあえばレアジョブのコースが講師も豊富でテキストが体系的なものなので受講する第一候補です。そして有料ですがカウンセリングもありますので、授業を受けっぱなしにせずきちんと親にもフィードバックがされるようにすることもできます。

とはいえ、今回は残念ながら目的のリーディングとライティングを重視していたため見送りとなりました。というか、リーディングとライティングを重視している受講生ってあんまりいませんよね・・・。なので、スピーキングを中心としているオンライン英会話ではなかなか最適な講座がありません。

DMM

レアジョブとこのDMMは昔からオンライン英会話をしている人には馴染みのあるものではないでしょうか?

ポイント

なんと言っても受講料の安さです。1レッスン25分で200円ちょっとというのはなかなか見かけません。しかも今はキャンペーンをやっていて、無料体験から3日以内に入会すると初月が半額になり、3ヶ月継続しなければならないなどのしばりがありません。

そして講師陣が豊富なことです。もちろん、上手な人、なまりが強い人、ネイティブプランでもネイティブって言っていいの?っていう国の人がいたりしますが、まあ値段的にしかたないでしょう。それを無視できればいまでも予約はかなり取りやすいです。30分前であっても講師のレベルを考えなければかなりの確率で講師が残っています。

子どもたちにとっては、先生の前で一定の時間なにかをするということが目的ですので、それはそれでいいかなと思います。

結論 – 入会しました

予約のしやすさ、テキストの内容を考慮して打算的ではありますが入会しました。娘は毎日「世界の文学」を受講し、語彙力アップと読解力アップを目指しながら文法事項も確認しようとしています。毎日楽しみにしているようです。この「世界の文学」では「不思議の国のアリス」、オスカー・ワイルドの「幸福な王子」、ディケンズの「クリスマスキャロル」、シェークスピアの「ロメオとジュリエット」を読むことができます。娘はまず「不思議の国のアリス」から読んでいます。

一方、息子は「文法」を受講しています。毎回どうだったと聞くと、「楽しかった!」と答えてくれていますが、正直テキストの内容を見てもどこが楽しいのかはさっぱり理解できません。楽しんでくれているのであればそれはそれでよかったなと思います。時々間違える文法をきちんとしたものにすべく毎日取り組んでいます。

aaa