息子(2025年) 200220 ガウディア+算数教室

2025年受験(しないかも)の息子は相変わらずガウディアに通っています。

スポ

ガウディア

とはいえ、ガウディアの進みが遅すぎます。教材は多くないのですが、なぜにそんなに進みが遅いのかイマイチわからないところがあります。もちろん国語との兼ね合いもあるため、一概に早い遅いの判断はできかねることとは思うのですが、やはりすでに公文よろしくダレつつあります。

でも娘と違って息子のいいところは退屈なことでも全く文句を言わずに淡々とこなすことにあります。もちろん気が進まないときもあるのですが、毎日文句も言わずにドリルをすることができるのには感心してしまいます。

算数教室

一方、もうひとつ算数教室に通わせているのですが、こちらはなんでそんなに早いの?っていう進み具合で、日本でいう小学校1年生なのに九九は暗記し終わってすでに2桁X2桁の掛け算をマスターしている段階です。

息子いわく、「国語は嫌いだけど、算数は好き」とのことで、性差をもちだすのはよくないこととは思うのですが、興味も恐竜とかに向かっていますし、男女の差ってやはりあるのかなって考えてしまいます。小さい頃からさんざん算数にお金をかけてきた娘よりも何もせずに放置していた息子のほうがすでに算数力があるというのは親としてはなんとも切ない気持ちになってしまいます。単位の計算も娘には何度教えてもできないのに、息子は何度かやるうちにわりとスラスラとできるようになっています。

家庭学習

学校からの宿題も増えてきたうえ、ガウディアの宿題と算数教室の宿題が毎日あります。なので、朝は漢字検定9級と「マスター1095題 2年」を日課とし、夜に余裕があればさらに追加で算数の課題を与えています。

aaa