娘 6月17日Sun 全統小テスト結果。悪かったけど思いっきりほめてあげました

全国統一小学生テストの結果が返却されました。

パパは両親からそうされていたように、どのような成績であっても子どもをほめることをしていきたいと思っています。

ですから、パパ的には不本意な結果ではありましたが、もうこれでもかとほめました!

そして、焼肉レストランへ行く約束をしました(パパがいきたいだけという話もありますが)!

結果は恥ずかしいので下の方に小さく書く予定です。

全国統一小学生テストを娘が受験後に反省した記事はこちらから↓

自分は子どもの勉強にそんなに熱心にならないと思っていたのですが、やはり子どもの成績は自分の成績と同じように感じてしまいます。

ですから、娘の成績が悪いと本当に自分の成績の悪さのように感じてしまい、世のパパママが我が子の勉強に熱心に取り組む姿勢もわかるようになってきました!

これまでは日本語があまりできないから国語の読解や算数の文章題はできなくてもしかたない、と考えていたのですが、返却結果をみると国語はしかたないとしても、算数もこれまでどおり基本的なことを抑えつつ文章題も得意になってほしいなと思うようになってきました。

スポ

全国統一小学生テスト結果

国語

言葉の知識問題、物語文問題、どうしても読んでいる文章量がすくないので苦手ということは受験する前からわかっていました。

そして、結果をみて改めてそうだなと思いました。

とはいえ、正答率がよいものは確実に得点しているし、正答率の低い文章読み取りのところは得点できているので、内容自体はそれなりに理解していたのだと思います。

帰国子女の永遠のテーマとして、「国語を続けるべきかどうか、というよりは国語をいつ捨てるか」という問題に我が家も直面しています。

このままずっと海外で暮らして行くのであれば、しぶとく国語を続けるよりも、すぱっとやめたほうがいいような気はしています。

しかし、もし中学受験を考えるならばそういうわけにもいかないので非常に悩んでいるところではあります。

算数

8問中、大問5までの問題はすべて正解していました。

でもその後の問6と問7は図形問題なのですが、この図形問題をすべて不正解になっていました。

娘は図形問題が得意で、同じような問題をいつも簡単そうに解いているのでどうして1つも合わなかったのか疑問でした。

娘に聞いてみると、「そんな問題あったっけ?」。

問題用紙をみてもツルッツルで数えた形跡がなし、先生にも「時間なかったんですね」なんて言われ、どうやら白紙だった様子でした。

うーん、真相は不明です。

同じ問題を解かせてみるとスラスラと解いていました。

最後の問題8はみてもない様子なので、当然ゼロ点です。

テストは結果がすべてです、言い訳はできません。

テスト中になにがあったかはわかりませんが、結果がすべてなので、この結果を踏まえた戦略を再度検討し実行するのみです。

なにはともあれよくがんばりました。

機会があれば次回のテストも一時帰国して受験させたいなと思っています。

結果(偏差値)

算数:52.9

国語:52.0

2教科:52.6

勉強メニュー

グレードアップ文章題1年:1ページ

H学園テキスト:1問

H学園計算ドリル:1ページ

ピグマパワーアップドリル:国語1ページ、算数1ページ

aaa