娘 6月29日Fri 教え方を反省しました。「・・・、but・・・」ではなく「・・・、and・・・」

最近、久しぶりにパパがあることについて教わるという経験をしました。

教えることは多かったのですが、久しぶりに教わる立場になって、改めて娘に対する教え方を反省しました。

やっぱりどういうことがあっても、まずはほめる!、ということが大事なんだなと思いました。

海外での経験が豊富な人であれば、いいことをまず列挙していきます。

この点が良かったね、あの点はよく気づいたね、などなどですね。

そういう人は、

「・・・、but・・・」

つまり、良い点を列挙した後に、悪い点をあげていきます。

でも、教え方がもっと上手な先生は、

「・・・、and・・・」

となり、良い点を列挙した後に、悪いことを言わずに、もう少しこうすればもっとよくなるよ!、という具合に最後まで相手の気持ちを尊重する教え方をしています。

娘に対しても、「この点まではよく解けたね」、「ここまではわかったんだね」、と気分をよくしてあげながらお互い良い気持ちで教えたり教えられたりしようと改めて思いました。

勉強メニュー

算数

H学園 最レ特訓算数 計算ドリル:1ページ

H学園 最レ特訓算数 ウェブ講座:今週解いた問題の復習

ピグマキッズ 2年生7月号:1日分

国語

公文:宿題

ピグマキッズ 2年生7月号:1日分

スポンサーリンク